読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売Online:16歳少年が不正アクセス…多発する少年サイバー事件の背景

記事要約

高校一年生の少年が不正アクセス禁止法違反などの容疑で書類送検された。10代の少年によるサイバー犯罪、不正アクセス事件が続いていており、不正アクセス検挙で最も多いのが14~19歳である。学校教育などを通して、不正アクセスは犯罪であることを10代の青少年に伝える必要があるだろう。

疑問

なぜ、少年たちはこの技術をほかに活かさないのか?

考え・主張

このような事件が起きてしまうのはネットの普及によって誰もが簡単に情報を手に入れることができるようになったからだと思う。ネットは便利だがこのような事件が起きてしまうデメリットもあるので、学校でもっとネットに対する教育をするべきだと思う。